日本にいるうちに作っておくべき無料クレジットカード2選

4.5
駐在前準備
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

「シンガポール駐在が決まったけれど、クレジットカードって必要?」

という疑問にこたえます。

結論、あるといいです!

筆者はもともとこれから紹介するカードを持っていましたが、もう一つくらい作っておけばよかったと来てから後悔しました。

前提:シンガポールのクレジットカードはかなり優秀

本題に入る前に・・・。シンガポールのクレジットカードってとっても優秀なんですよ。

どう優秀かというと、

・還元率は3~8%
・クレジットカードのキャンペーンが豊富
・とてもいい内容のクレジットカードでも年会費はWaiver(免除)してもらえる

クレジットカードのキャンペーンは、例えばクレジットカードを持っているとタピオカ屋さんのトッピングが無料になったり、対象の食事代が20~50%オフになったり等、いろいろなものがあります。

ねこっち
ねこっち

日本の普通のクレジットカードの還元率は0.5%~1.2%くらいのイメージ。

 

日本だと良い内容のクレジットカードは年会費がかかるところも多いニャ。

そうなの。シンガポールでクレジットカードを作れるのなら、ぜったいに作った方が良い!

シンガポールのクレジットカードを作るなら日本のクレジットカードは要らない?

上で話したようにとっても魅力的なシンガポールのクレジットカードですが、駐在初日にすぐ作れるわけではありません。

カード会社によりますが、私が作ったDBS銀行のクレジットカードの場合は1ヶ月分の給与明細が必要でした

そこで、シンガポールでクレジットカードを得るまでの“つなぎ”のクレジットカードが必要になります。使わないと思っていても持っていると安心です。

ちなみに筆者の場合は出発前にアマゾンや楽天で色々と必要なものを買ったり、シンガポールについてからもバリ旅行に行ったり、資格試験勉強の講座費用を払ったり、色々と大きな買い物をしました。

日本にいるうちに出発前に作っておくべきクレジットカード

日本で作るクレジットカードのポイントは以下3点です。

✔ ポイント① 年会費は無料か
✔ ポイント② 還元率はいいか
✔ ポイント③ 貯めたポイントは使いやすいか

ポイント① 年会費は無料か

シンガポールで作るクレジットカードをメインで使うつもりなら、日本のクレジットカード年会費を払うのはモッタイナイです。

ポイント② 還元率はいいか

日本のクレジットカードは還元率が低いカードがとても多いです。還元率が低いと、クレジットカードのポイント、本当に貯まらないです!どうせなら、還元率は最低でも1%以上あるものにしましょう。

ポイント③ 貯めたポイントは使いやすいか

せっかくポイントを貯めても、シンガポールに来たときに使えなかったら意味がない・・・。笑

貯めたポイントはちゃんと使えるかも確認しましょう。

年会費無料でポイントが比較的貯まりやすいおすすめクレジットカード

楽天カード

貯まるポイント楽天ポイント
還元率1.0%
年会費無料
運営会社楽天株式会社

楽天カードは通常の支払いで還元率1%という比較的イイ感じの還元率。

特に、楽天のサイトでオンラインショッピングとポイントが10倍貯まる等のキャンペーンもたくさんやっているのでぜったい持っておいた方がいいカード。

楽天ポイントの使い道

楽天ショッピングで使えます。

また、楽天のグローバルマーケットというオンラインサイトもあって、それを利用するとシンガポールにいても楽天市場の製品を届けてくれます。楽天ポイントも使えます。

筆者は以前、楽天グローバルマーケットでマスクをオーダーしました☆彡

楽天カードのキャンペーン

楽天カードを作るだけで5000円分のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。(2020年7月現在)

最新のキャンペーンは公式HPを見てみてください。

楽天カード公式HP

リクルートカード

貯まるポイントPontaポイント
還元率1.2%
年会費無料
運営会社株式会社リクルート

リクルートカードは還元率1.2%です。

特にこのシーンでというわけではなく、幅広い支払いに使えるカードとして持っておくと安心。

リクルートポイントの使い道

ボンパレモールという通販サイトやじゃらん等で使えます。

・通販サイトでお中元を頼んだり、子どものおもちゃを実家宛に頼んで帰国時に受け取るなど
・帰国時にじゃらんを使って旅館を予約する

リクルートカードのキャンペーン

カードを作るだけで最大6000円分のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。(2020年7月現在)

最新のキャンペーンは公式HPを見てみてください。

リクルートカード公式HP

新しく作るカードの国際ブランドはどうする?

カードを作る際は、VISA、マスターカード、JCBなどの国際ブランドから選びます。

このとき、海外でも使いたいのならJCBは避けましょう。

日本人が多い観光地だとJCBが使えるところもありますが、まだまだ使いないところも多い印象です。

VISAかマスターカードなら、どちらでもいいです。

ねこっち
ねこっち

以前はマスターカードの方が為替レートがちょっといいと言われていた時期もあったけれど、最近はあんまりVISAもマスターカードもあまり変わらないニャ

おススメは複数もち

もしVISAをすでにもっているのならマスターカード、

もしマスターカードをすでにもっているのならVISAカードを作りましょう。

海外で機械でお金を引き出したり支払いをするときに、VISAはだめだったけどマスターカードなら行けた(もしくはマスターはダメだったけどVISAカードはOKだった)なんて話はよくあります。

私はVISAとマスターカードの2枚持ちです

出発日が迫っているのならはやめの準備を

クレジットカードを申し込んでから自宅で受け取れるまでには1週間ちょっと~2週間は見ておいた方が良いです。

出発日がせまっている場合はクレジットカード会社に問い合わせて確実に受け取れるようにしましょう。

ちなみに、実際に出国する前にクレジットカード会社に電話して海外でも使用できる設定なのか確認しておくとより安心です!!

日本にいるうちに作っておいて損はないクレジットカード2選まとめ

日本を発つ前に用意しておきたいクレジットカードを紹介しました。

書きながらスクリーンショットを撮っていて気づいたのですが、筆者の楽天ポイントはもう2万円分貯まっているんですね。自分の化粧品を買うか、日本の家族へのプレゼントに使うか考え中です。

 

✔関連記事

シンガポールのクレジットカード【おすすめ・高還元(5~8%)】と日本との違いにおける注意点 

初めて開設したのがDBS銀行でよかった件 | 庶民派駐妻ぐらし通信 

シンガポール駐在で銀行口座開設!2020年度の金利改悪、知ってた?

コメント

タイトルとURLをコピーしました