シンガポール駐在、メイドを雇うことのメリット・デメリット(5ヶ月雇ってみて)

くらし
この記事は約6分で読めます。

シンガポール駐在でメイドを雇うか迷っている人「メイドさんを雇いたいけど、いくらくらいかかるんだろう。具体的にはどんな生活になるのかな?デメリットやリスクも知りたい」

 

そんな疑問に、メイドさんと暮らして5か月の筆者がこたえます。

 

シンガポール駐在でいい点といえば、一つはメイドさんを雇えることですよね。
海外から働きにきているメイドさんの雇用が仕組化されていて、日本では考えられないような金額で合法的にメイドさんを雇えます。

 

我が家ではフィリピン人の37歳のメイドさんを雇っています。15歳の息子さんがフィリピンで暮らしていて、学校にいかせてあげたいからということでシンガポールに働きに来たそうです。

 

メイド経歴としては、うちに来る前にシンガポール人の家庭(一軒家で大きな犬がいる5人家族+お客さん多い環境)で6年間はたらいていました。その家庭に子どもはいませんでしたが、子どもは好きで子どものいる家庭で働くことにポジティブなかんじでした。

 

では、5ヶ月経った感想・メリット、そして雇ってから気づいた意外なデメリットをお話しします。

 

実感したメリット

まずはメリットから!たくさんあります(*’▽’)

お部屋がいつもきれい

私は家事スキルがそれほどないので、毎日お片付けして床を掃除機かけてモップしてくれるのには感謝!!

料理の時間・お皿洗いの時間が短縮

子どもとの時間が増えるし、ちょっと家で仕事をしなきゃいけないときや勉強をするときなども自分の時間がとれます。

子どもが急に熱をだして保育園を休まなければならないときお願いできる

日本にいたときは、子どもが熱を出したらやばい!!病児保育あいているかな!?ベビーシッターさん予約とれるかな!?って感じでしたが、メイドさんを雇ってからはメイドさんにお願いできます。

子どもが英語を学ぶ機会をえられる

いっしょにいるときに、メイドさんからABCの歌やきらきら星などの歌をならったり、固い・やわらかいの概念をならったりしていました。

異文化体験ができる

フィリピン料理を作ってくれたり、フィリピンの話を聞くことで異文化体験ができます。

予期していたデメリット

デメリット!けっこうあります( ;∀;)

お金はかかる(月10万円前後)

メイドさんにかかる月々の費用はだいたい1000ドルくらいと言われています。内訳はメイドさんの手取りとメイド税です。

メイドさんの手取りは400~800ドルくらい+メイド税は300ドルといったかんじでおそらく1000ドルくらいと言われているのだと思います。

日本で同じような住み込みお手伝いさんを雇おうとするとこの価格では雇えません。

他人がいる感はぬぐえない

子どもが夜泣きしていたり、日曜日にドタバタしていると、部屋で休んでいるメイドさんに申し訳なく思います。やっぱり気を遣う部分はあります。

意外なデメリットや困ったこと

メイドの待遇が下がっていることがちょっと申し訳ない

前の家族がとても裕福だったようで、
前のボスは、

定期的にジムに家族みんなと一緒に連れていってくれたわ。
マリーナベイに友達と泊まってきたらと宿泊させてくれたわ。
週に1回は一緒に外食をしたわ。
誕生日には洋服やバッグをくれたわ。
クリスマスにはホテルマンダリンのブッフェにいっしょに連れていってくれたわ。

などなど、うちはそこまで良くしてあげられなくてごめんね・・・って感じのことを頻繁にいわれます。悪気はないのかもしれませんが・・・。

私たちも、誕生日をお祝いしたりプレゼントをあげたりできる限りのことはしています。
多くのメイドさんは小さめの部屋を与えられているのですが、うちは普通のゲスト用のエアコン付き・眺めがいい部屋も与えています。

多くのメイドさんは水しかでないシャワーを使うことになるらしいですが、うちはお湯でる普通のシャワー使っていいよとしています。

お給料も以前は650ドルだったのを700ドルにあげて契約しました。

それでも、前のご家族よりは待遇が下がっているようで、前ほどよくしてあげられないわ・・・と心苦しいです。
周りのメイドさんを雇ってる先輩ママに聞くと、「気にしても仕方ないよ!うちができるところはここまで!って感じでいいよ。」と。

病気によくなる→予定がくるう・出費がかさむ

メイドの体調がよくないと、メイドを病院につれていったり、看護したりして休日がつぶれたり、休みをとらなければならないことがここ5ヶ月の間にちょこちょこありました。

 

心配なので食事の時間になったらおかゆを運んだり。これはイヤってわけじゃないのですが、予定が狂うことがあります。休めない日や旅行の直前だったらどうしようって思います。

 

通常の通院費、歯科治療費は雇用主(わたしたち)もちなので出費もかさみます。
病院代は1回につきだいたい60ドルくらいです。

子どもに、やってほしくないジェスチャーを教えていた

子ども好きでいろいろ教えようとしてくれるのはいいのですが、以前子どもがFxckのようなジェスチャーを私にやってきて、おどろきました。だれに習ったの?と聞くと、うちのメイドとのこと。

 

お友達にしたら大変・・・!

 

そのポーズってよくないからもう本当に教えないでとメイドにお願いして、子どもにもみんな嫌がるポーズだからしないでとお願い。子どもは習ったものをほめられると思って頑張ってやっていたのに私は思わず起こってしまったので罪悪感。

変な主張をけんか腰でされるときがあり若干ストレス

私は平和主義でけんかやあらそいごとが嫌なので、けんか腰でこられるとドッキリ・びくびくしてしまいます。

何度か門限を破った時に、どうやったら門限をやぶらなくていいかいっしょに考えよう、と主人が中心になって話してくれたことがありました。

 

おそらく彼女は単純に攻められているとおもったのか、「雇用主だって私の行動は制限できないはずよ!私が嫌ならメイドエージェントに送り返したらいいじゃない!」と叫びはじめました。

門限以外のことは私たちはおおむねうまくいっているし、もっと建設的な話し合いがしたい。どうやったら改善できるのか一緒に考えようということに的を絞って話すことで落ち着きを取り戻していました。

 

さいごはなぜか長々と料理の話を話し始めました。なぜ・・・・?なぜこの話をずっとしているの・・・?いつ話を終えればいいの。

 

メイドさんを雇っていなかったらなかったであろうストレスがあります。

上から目線でこられるときがあり若干ストレス

また、私が日曜日に料理をしていてお鍋を焦がしてしまった時に、「何か焼けているにおいがする」と何度も言われて、悪気はなかったのかもしれませんがちょっと落ち込みました。

そのほかも、こういう料理なんだけど、やり方わかる?下準備はね、と教えようとすると、「わかってるわ。わかってる。」と、説明するスキを与えないとか・・・。料理に自信がある人だからかもしれません。

 

彼女のキャラクターなのか、私が料理べただと思われているのか・・・汗

こういう、摩擦っぽいできごとがちょこちょこあってそれはストレスだったりします。

さいごに

全体を見返すと、デメリットのほうがボリューム大きいじゃん!って感じになりましたね汗 たまっていた不満がここで爆発してしまったのかしら・・・。

 

とはいえ、こんなデメリットはあれどフルタイム共働きの我が家にとって彼女はいまや欠かせない強力な戦力となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました