初めて開設したのがDBS銀行でよかった件

お得・財テク
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

シンガポール駐在が決まったらシンガポールの銀行口座を開設する人が大半でしょう。
代表的な銀行口座として、DBS、OCBC、UOB、POSB等があります。

うちは主人がOCBC、私がDBSの口座を使っています。
同僚には、「DBSはATMにめっちゃ並ぶからやめた方が良いよ!君はMaybankが良いよ」と言われましたが、色々考えてDBSにしました。

結果、良かったと思っています。

DBSの回し者ではないのですが、単純に良かったので紹介しますね。

うちの主人もDBSを作ればよかった・・・と何度か呟いていました。

DBS銀行でよかったと思う点を紹介します。

※この記事は2020年6月時点に書いたものです。最新の情報はDBS銀行の公式HPで確認してみてください。

DBS銀行でよかった点

DBS銀行はオンラインに強い?

私のテッキーな(ITなどに詳しい感じの)同僚いわく、DBS銀行はオンラインで一番色々なことができる銀行だとうたわれているらしいです。

実際に私は銀行口座もクレジットカードもオンラインでDBSのサイトから作りました。

銀行口座を作るのが非常に簡単で手軽だった

オンラインで申し込み、1週間しないうちにATMからの引き出しもできるデビットカードが送られてきました。
(オンライン上の申請は、ゆっくりやって20分くらいで手続きできました。)

 

【注意!】オンラインで銀行口座を作ったところ、サインが登録できておらずGIRO(口座自動引き落としをシンガポールでは「ジャイロ(GIRO)」と呼びます。)を設定するときにエラーが出ていました。(ガーン!) オンラインで口座を作ったけどサインを登録した覚えがないという人は実店舗にいって確認してみてください!

余談ですが、私にとって、シンガポールに来る前はジャイロといえばあれですよ。ハンターハンターに出てくるドラッグを売って成り上がって、アリに生まれ変わるやつ・・・(分かる人には分かるはず)

DBSはどこにでもある

主要な駅やショッピングモールの至る所にDBS銀行の支店やATMがあるので利便性が高いです。

銀行のATMカードをデビットカードとして使うと、3%のキャッシュバックが口座に振り込まれる

・その月にATMからの引き出しが400ドル以下
・デビットカードで400ドル以上の支払いをする
という条件が満たされたとき、最高20ドルのキャッシュバックが勝手に口座に入ってきます。
私は現金を使うことがほとんどなく、しかもクレジットカードを持っていないときはデビットカードを使っていたので私の場合、毎月15ドル前後が振り込まれていました。

DBSのクレジットカードを作るのが簡単だった

クレジットカードもオンラインで申し込みました。こちらもオンラインで15分くらいで手続きし、1週間以内に手元に届きました。非常に簡単でスムーズでした。

どのクレジットカードを作るかはたくさん迷ったのですが、DBS Live Flashというものにしました。メインカードにするつもりです。

DBSのクレジットカードを作ることで、銀行口座の金利を上げることができる

2020年5月1日より利率がちょっと下がってしまってはいるのですが、給与口座をDBSにしている人は、次の条件のうちいずれかを満たすと、預金口座に対してもらえる金利が上がります。

・DBSのクレジットカードを使う
・保険を買う
・投資をする
・住宅ローンをする

上記4つのうち、クレジットカードは楽々作れます。DBSを給与口座に指定+クレジットカードを作って使うと、以下の金利が受け取れます。

・預金額5000ドル~14,999ドル→1.8%(仮に預金額が日本円で100万円くらいだったら年間18,000円!)
・預金額15,000ドル~29,999ドル→1.9%(仮に預金額が日本円で150万円くらいだったら年間28,000円!)
※1シンガポールドル=80円で換算

日本で数百万を銀行に預けていても、もらえる金利は数十円~数百円程度。それを考えると、このシンガポールの金利がいかにいいかということが分かると思います。

※この記事は6月に書いたもので、現在の金利はさらに悪改されています。

さいごに

DBSの銀行口座を開設し、これまで特に不満もなく使ってきました。DBSの銀行を使っていて、いいなぁと思う点を紹介しました。最初に開く銀行口座に迷った場合は、DBSは私にとって友人にもお勧めできる銀行です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました