【2021年】海外から購入できるか電子書籍サービスを比較!実際に使えるか15社試した結果

お得・財テク
この記事は約8分で読めます。

「日本の本を読みたいんだけれど、海外で日本の本を買うと高いな・・・。取り寄せるのも時間がかかるし・・・。」

という方むけの記事です。

シンガポールで駐妻をしているエリカです。夫も娘も本が大好き!

シンガポールの書店にも日本の本はたくさん売っているのですが、価格はたいてい1.5~2倍します。

(例えば、名探偵コナンの単行本の場合、日本だと500円以下で買えるのに、シンガポールだと9ドル(720円)ほど。)

そこで我が家がよく利用するのは電子書籍です。本は紙派の私ですが、電子書籍は場所も取らず、処分にも困らないので海外暮らしの今はとても助かっています!

今回は、以下の目線で15社のサービスを調べました。

✔ 価格
✔ 利便性
✔ 海外から使えるか?
✔ 紙の書籍より安いのか?
それでは行きましょう!

ちなみに、ここで見れないといっているサービスでもVPNを使えば利用可能なものもあります。

関連記事>>>【2021年】無料・有料VPN5選!海外から日本のサービスを利用したいときにおすすめ

海外で購入できる電子書籍サービス15社を比較

有名どころ15社のサービス内容を確認・比較したサマリーがこちらです。おススメランキング順です。

サービス価格(税込み)初回キャンペーン海外対応
1honto
登録無料、好きな本を1冊単位で購入最大40%オフクーポン配布
2Kindle(キンドル)好きな本を1冊単位で購入特になし可能だが1ヶ月に5冊までなど制限があるというウワサあり
3Kindle Unlimited月額980円初めの30日無料可能だが1ヶ月に5冊までなど制限があるというウワサあり
4イーブックジャパン登録無料、好きな本を1冊単位で購入50%オフクーポン配布不明だが無料版は可能なことを実証済み
5Renta!登録無料、好きな本を1冊単位でレンタル・購入特にない様子
6BookLive!登録無料、好きな本を1冊単位で購入50%オフクーポン配布不可とあるが可能なことを実証済み
7ブック放題月額510円初めの1ヶ月無料不可とあるが可能なことを実証済み
8紀伊國屋kinoppy登録無料、好きな本を1冊単位で購入特にない様子
9dマガジン月額440円初めの31日無料不可
10楽天マガジン月額418円初めの31日無料不可
11楽天Kobo登録無料、好きな本を1冊単位で購入400円以上の購入で100ポイントゲット不明
12コミックシーモア登録無料、好きな本を1冊単位で購入初回50%割引クーポン不可
13コミックシーモア読み放題ライトコース月額780円、フルコース月額1,480円初めの7日間無料不可
14COCOROブックス登録無料、好きな本を1冊単位で購入特にない様子不明
15パピレスRentaと統合特にない様子不明

筆者の場合はシンガポールから見れるかを試しました。2021年5月時点の独自調査です。

閲覧可能かどうか分からなかったものや閲覧ができなかったものはランキング順位を下の方にしています。

特にランキング順位が高いのサービスを紹介しますね!

honto(ホント)

hontoは、大日本印刷株式会社が運営している電子書籍サイトです。70万冊以上の本を取り扱っていてセールも頻繁に行っています。注目したい点は、「海外からの利用は可能」と正式に公式HPでうたわれている点です。

・提携の丸善、ジュンク堂、文教堂、hontoで購入した紙の本を電子書籍としても読める
・セット売り、キャンペーン最大40%オフなどセールが熱い
・無料で読める書籍は15,000冊以上

Kindle(キンドル)

Kindle(キンドル)は、いわずとしれたAmazonの電子書籍サービス。日本語の書籍は50万冊以上、洋書も500万冊以上取り扱っています。
海外からの利用は可能だけれど、1ヶ月に5冊までしか買えない制限に引っかかることもあるというウワサがあります。本来は日本国内向けのサービスのためその制限があるとのことです。
ちなみに、うちの夫はいつもKindleで電子書籍を買っています。今のところ毎月5冊以上問題なく買えています。
・ほぼすべての本が紙の書籍より10%ほど安い
・Kindle端末を持っていなくてもスマホのアプリなどで利用できる

Kindle Unlimited(キンドル・アンリミティッド)

Kindle Unlimited(Kindle Unlimited)は、月額980円で200万冊以上の書籍が読み放題というAmazonのサービスです。私も以前利用していて、るるぶやオレンジページなどを楽しんでいました。最新号はKindle Unlimited内に取り扱いがない場合もあるので、注意してください。
無料のお試し期間を利用して使ってみたところ、無料のお試し期間内(30日間以内)に解約する場合はお金はまったくかかりませんでした。
・200万冊以上の小説、まんが、実用書、雑誌、洋書を自由に読める
・Kindle端末を持っていなくてもスマホアプリなどで利用できる

海外から電子書籍サービスを始めて使う人が注意すべきこと

電子書籍のサービスを始めて使うなら、次の点に注意してください。

・利用する会社をある程度しぼる
・海外から使えるか無料版などで試してみる

利用する会社をある程度しぼる

たとえば、『ブック放題』という電子書籍サービス会社で買ったものを『BookLive!』という電子書籍サービス会社に移すことはできません。

無料で読むだけなら何社利用してもいいですが、お金を出すならあるていど電子書籍サービス会社をしぼって利用しないと持っている電子書籍がバラバラの会社になりとっても不便になります。

ちなみに、筆者の夫はKindle一択。私はBookLive!とhontoという感じです。なぜhontoも使っているかというと、Kindleよりhontoの方がキャンペーンが多いから。

海外から使えるか無料版などで試してみる

本当に読めるか無料版で試すということはぜったい行いましょう。

無料登録の段階はいいのですが、実際に支払いが発生する場合は、お金を払ったのに見れなかった・・・というのは避けたいですよね。

冒頭に説明した海外可否は筆者がシンガポールで調べた時点の内容なのでご自身でも確認してみてください。

筆者は以前から楽天マガジンを多用していましたが、シンガポールに来てからは日本国外からのアクセスはできないという表示になってしまいました。

 

ちなみに、楽天マガジンはWithやオレンジページ、エッセイなど筆者が読みたい雑誌は最新刊を含んですべて見れて、月額390円は魅力的でした。

海外から購入できる電子書籍15社比較まとめ

電子書籍サービスは意外と多くてどれがいいか分からない!という人も多いと思います。
でも安心してください。
ほとんどの会社は試し読みサービスや無料期間があるのでアプリの使いやすさや読みたい本があるかなどを試すことができます。
あなたに合ったサービスが見つかりますように!
サービス価格(税込み)初回キャンペーン海外対応
1honto
登録無料、好きな本を1冊単位で購入30%オフクーポン配布
2Kindle(キンドル)好きな本を1冊単位で購入特になし可能だが1ヶ月に5冊までなど制限があるというウワサあり
3Kindle Unlimited月額980円初めの30日無料可能だが1ヶ月に5冊までなど制限があるというウワサあり
4イーブックジャパン登録無料、好きな本を1冊単位で購入50%オフクーポン配布不明だが無料版は可能なことを実証済み
5Renta!登録無料、好きな本を1冊単位でレンタル・購入特にない様子
6BookLive!登録無料、好きな本を1冊単位で購入50%オフクーポン配布不可とあるが可能なことを実証済み
7ブック放題月額510円初めの1ヶ月無料不可とあるが可能なことを実証済み
8紀伊國屋kinoppy登録無料、好きな本を1冊単位で購入特にない様子
9dマガジン月額432円初めの31日無料不可
10楽天マガジン月額410円初めの31日無料不可
11楽天Kobo登録無料、好きな本を1冊単位で購入2000円以上で1000円分の楽天ポイントゲット不明
12コミックシーモア登録無料、好きな本を1冊単位で購入初回50%割引クーポンあり不可
13コミックシーモア読み放題ライトコース月額780円、フルコース月額1,480円初めの7日間無料不可
14COCOROブックス登録無料、好きな本を1冊単位で購入特にない様子不明
15パピレス登録無料、好きな本を1冊単位で購入特にない様子不明

コメント

タイトルとURLをコピーしました